NOCフロアのスタンダードダブルに宿泊(ザ・メイン)『ホテルニューオータニ東京』【宿泊記ブログ】

[最終更新日]2024年1月19日 [読了目安]こちらの記事は4分程で読めます [ad]アフィリエイト広告を利用しています

 


Nasuchi

こんにちは、週末トラベラーNasuchiです。

2024年最初のホテルステイは、夫の誕生日祝いでホテルニューオータニ東京に泊まってきました。

 

年末年始のお休みが長い人はまだお休み中だった1月の連休でしたので、お部屋はザ・メインのなかで一番リーズナブルなタイプを選ばせていただきました。

 

私はニューオータニクラブ(NOC会員)になっているため、NOC会員優先のニューオータニクラブフロアにしてもらえて、アメニティなど充実していました!

 

お部屋選びやホテル選びの参考にお役立ていただけると嬉しいです。

 

※2024年1月宿泊時の情報になります。現状と違う場合がありましたらご容赦ください。  

 

 

 

 

1.お部屋チェック(ザ・メイン スタンダードダブル)

 

今回予約したお部屋は、広さ約35㎡のザ・メイン スタンダードダブル

 

大きなダブルベッドがあるお部屋で、正面玄関方向に面した窓際にあるソファでくつろぐのが至福のひと時となるお部屋でした。

 

ベッドルームには、テレビやデスクがあります。

 

 

テレビの下には冷蔵庫や、お茶セットがあります。

 

 

 

無料の飲み物は、日本茶、紅茶、梅昆布茶とコーヒー。

 

 

コーヒーがインスタントではなく、ネスプレッソなのはNOCフロアのサービスの1つです。

 

 

窓際のテーブルにはお水と、甘くて美味しい飴がありました。

 

 


Nasuchi

ここのソファーでくつろぐのが居心地よかったです♪

 

ベッドの左には内線と照明のスイッチ、右にはコンセントがありました。

(左にもコンセントがあれば便利なのですが…)

ベッド左

ベッド右

さらに奥に進むと鏡台にドライやーがセットされています。

 

 


Nasuchi

身支度するのに便利♪

 

その奥がクローゼットと水回りになります。

 

 

扉を開けるとこんな感じ。

 

 

クローゼットの引き出しには、ニューオータニのロゴ入り浴衣があり、

 

 

NOCフロアの特典でバスローブもありました。

 

 

上下セパレートタイプのパジャマもNOCフロアの特典のようです。

 

 


Nasuchi

このパジャマ着心地よくて好きなので、NOCフロアにしてもらえるとすごく嬉しくなります♪

 

クローゼットの向かいにはベンチみたいな、荷物を置いたりちょっと腰掛けたりできるスペースがあり、金庫はこの下部に収納されています。

 

 

続いて、水回りを見てみましょう。

 

 

バストイレ一緒の作りです。

 

水回りは清潔に掃除してくださっていますが、ホテルの歴史を感じます。

 

NOCフロアのシャンプー、コンディショナー、ボディソープ、ボディーローションはmarie-thé(マリ・テ)です。

 

 

アメニティは、歯ブラシ、カミソリ、綿棒コットンセット、入浴剤、ヘアブラシ、スキンケアセットとなっています。

 

 

入浴剤はバラとヒノキの2種類。

ローズガーデン(春秋限定)や、ヒノキ風呂のあるお部屋もあるニューオータニっぽいチョイスです。

(欲を言えば、エグゼクティブハウス禅のアメニティにあったオリーブアルマバスオイルをもう一度使いたいところではあります。)

 

この記事に出てきます>>【宿泊記】クラブラウンジ・バー・朝食の『エグゼクティブハウス禅』② - TRAVEL CODE (トラベルコード)|今すぐ旅に行きたくなる 週末トラベラー|

 

 

メイク落とし、洗顔、化粧水、クリームはomnisens  paris(オムニサンス・パリ)

 

 


Nasuchi

しっとり潤ってくれるので気に入っています♪

 

その他、

シャワーキャップやコンタクトレンズ保存きっと、消臭スプレー、ソーイングセット、ヘアバンド(ヘアゴム)、生理用品は客室係に電話をすると無料で頂けると書いてありました。

 

 

また、今までなかったサービスが開始されていました!

 

それは「モバイルオーダーサービス」です。

 

ホテルの無料Wi-Fiに接続して、デスクにあるQRコードを読み込むとお部屋への貸出品やルームサービス(朝食のみ)の注文ができるようです。

 

 

試しに読み込んでみたらこのような画面が出てきました。

 

 

ニューオータニの好きな理由の1つは丁寧な接客なので、デジタルで済むことはデジタルに任せて、これからも心温まる接客を続けてほしいなと思いました。

 

 

ニューオータニクラブフロアは、ザ・メイン 8・9・15階、ガーデンタワー 34・35・36階にあるようです。

 

ニューオータニに泊まりはじめた最初のころは別に普通のフロアでもいいけれど…と思っていましたが、パジャマ、バスローブ、ネスプレッソや化粧水などのアメニティの良さを体験しちゃうと、次もニューオータニクラブフロアだと嬉しいなぁと思ってしまうプチ贅沢な会員優先フロアでした。

 

 

以上、風呂場はちょっと歴史を感じるけれど大きなベッドや窓辺のソファに癒される、ザ・メイン スタンダードダブルでした。

2.夕食・朝食

 

今回はホテル内のビュッフェダイニング「タワーレストラン」に行ってきました!

 

詳しくはこちらをご覧ください▼

 

ビュッフェでお腹いっぱい食べることを見越して、朝ごはんは付けませんでした。

 

その代わりガーデンタワー1階にあるサカガミ ルパ赤坂店という明治屋や紀ノ国屋みたいなちょっといい食料品が置いてあるフードショップで海外のクッキーを買ってきました。

 

 


Nasuchi

夜のビュッフェがなければ、SATSUKIの最強の朝食を食べたかったです♪

 

 

 

3.ホテルへのアクセス・永田町から徒歩3分

 

最後に最寄り駅からのアクセス方法をご紹介いたします。

 

最寄り駅は半蔵門線「永田町駅」で、7番出口から徒歩約3分です。

 

同じ「永田町駅」でも路線が違う場合は出口を替えた方が遠回りせず行けるので

  • 南北線の「永田町駅」の場合、9a出口
  • 有楽町線「永田町駅」の場合、5番出口

が便利です。

 

他にも、

  • 銀座線・丸の内線「赤坂見附駅」出口Dから徒歩約3分(改札から出口Dまで2~3分かかります)
  • 有楽町線「麹町駅」2番出口から徒歩約6分
  • JR中央線、JR総武線、南北線、丸の内線「四谷駅」の麹町口・赤坂口から徒歩約8分

が利用可能です。

 

4駅利用可能でどの駅からもそれほど遠くないですが、ホテルの敷地が広大な割に入り口が少なく、入り口を間違えるとかなりの大回りになってしまうのでご注意ください。

 

永田町駅、赤坂見附駅から行く場合は、

 

釣り堀のある弁慶橋を渡ってすぐにある「ニューオータニガーデンコート」から入り、ロビィ階の6階に上がるのがおススメです。

弁慶橋

 

ガーデンコートの入り口


ニューオータニ東京は、「ガーデンコート」「ガーデンタワー」「ザ・メイン」の3つの建物からなっています。

 

「ガーデンコート」、「ガーデンタワー」の6階と「ザ・メイン」棟の2階は内廊下でつながっています。

 

今回ご紹介しているお部屋は、「ザ・メイン」棟にあります。

 

 

まとめ


いかがでしたでしょうか。

 

ホテルニューオータニ東京のNOC会員が優先されるニューオータニクラブフロアにあるお部屋は、アメニティやパジャマがちょっと充実していてよかったです。

 

NOC会員はクレジットカードの機能が付くので審査はあるようですが、普通のアラフォー会社員(役職なし・女性)でも通ったので気になる方は条件等を読んで申し込んでみてくださいね。

 

申し込みはネットの他、お部屋にある申し込み用紙でもできるようです。

>>ニューオータニクラブ|ホテルニューオータニ|【公式サイト】

 

リーズナブルなお部屋でも、ニューオータニの落ち着いた雰囲気や美味しいご飯を楽しめて大満足でした。

 

東京観光や、大事な人のお祝いなどにもおススメなホテルです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました(*^^*)

 

 

▼NOC会員の特典を利用した記事はこちら♪

 

▼ニューオータニ東京に関するブログはこちら♪

 

▼予約はこちらのサイトがおすすめです!

 

 

 

 

 

TOP