【宿泊記】お部屋とプール・サウナの紹介『エグゼクティブハウス禅』①

[最終更新日]2023年1月3日 [読了目安]こちらの記事は5分程で読めます  

 


Nasuchi

こんにちは、旅行好きな30代会社員Nasuchiです。

2022年にはじめて泊まってからハマってしまったホテルニューオータニ。

なにやらクラブラウンジ付きの特別フロアは『エグゼクティブハウス禅』というホテル名で販売しているのだとか。

かなりお値段が高いので悩みましたが、1年の締めくくり&自分へのご褒美に大奮発して泊まってきました。

 

今回はお部屋とスパ・サウナの紹介を、次回クラブラウンジの紹介をいたします。

お部屋選びやホテル選びの参考にお役立ていただけると嬉しいです。

 

※2022年12月宿泊時の情報になります。現状と違う場合がありましたらご容赦ください。 

 

 

1. 立地・永田町から徒歩3分


最寄り駅は半蔵門線「永田町駅」で、7番出口から徒歩約3分です。

 

同じ「永田町駅」でも路線が違う場合は出口を替えた方が遠回りせず行けるので参考にしてください。

  • 南北線の「永田町駅」の場合、9a出口
  • 有楽町線「永田町駅」の場合、5番出口

が便利です。

 

他にも、

  • 銀座線・丸の内線「赤坂見附駅」出口Dから徒歩約3分
  • 有楽町線「麹町駅」2番出口から徒歩約6分
  • JR中央線、JR総武線、南北線、丸の内線「四谷駅」の麹町口・赤坂口から徒歩約8分

が利用可能です。

 

4駅利用可能でどの駅からもそれほど遠くないですが、ホテルの敷地が広大な割に入り口が少なく、入り口を間違えるとかなりの大回りになってしまうのでご注意ください。

 

永田町駅、赤坂見附駅から行く場合は、

 

釣り堀のある弁慶橋を渡ってすぐにある「ニューオータニガーデンコート」から入り、ロビィ階の6階に上がるのがおススメです。

弁慶橋

 

ガーデンコートの入り口


ニューオータニ東京は、「ガーデンコート」「ガーデンタワー」「ザ・メイン」の3つの建物からなっています。

 

「ガーデンコート」、「ガーデンタワー」の6階と「ザ・メイン」棟の2階は内廊下でつながっています。

 

通常のフロントは「ザ・メイン」棟の2階にありますが、エグゼクティブハウス禅はクラブラウンジでチェックインができるので、「ザ・メイン」棟の12階へ行きましょう。

 

チェックインは、12階にあるクラブラウンジでウェルカムドリンクを頂きながらできました。



チェックイン開始の14時に行ったら既にお客さんがいっぱいで、座席に座りながら順番を待つ間、飲み物はおかわり可能でした。

アルコールが飲めない私はノンアルコールドリンクですが、周りの方はけっこうシャンパンを飲んでいる人が多かったです。

 

名称:エグゼクティブハウス禅(じゃらんnetで見てみる)

住所:東京都千代田区紀尾井町4−1 ホテルニューオータニ ザ・メイン 11&12階

 

 

 

 

 

 

2. お部屋チェック(エグゼクティブスタンダード)


今回宿泊したお部屋は、広さ36㎡のエグゼクティブスタンダート

 

エグゼクティブハウス禅の中では一番リーズナブルなお部屋なので、豪華絢爛というよりは落ち着いてリラックスできるような空間でした。

 

ベッドはとっても大きな220cm幅のダブル!!

枕元には、ホテルオリジナルのガトーショコラとお水がありました。



コロナ禍の取り組みでターンダウンサービスが中止のため、チェックイン時に既にターンダウン後の仕様になっていました。(ベッドの色がちょっと寂しいですね)

 

そのため、浴衣とパジャマもベッドに用意されていました。



ベッドの隣には丸テーブルとイスが2脚。



お茶セットや消毒用のアルコールスプレーなどがありました。



ここにもホテルオリジナルのお菓子・バームクーヘンがありました。

お茶は、京都「一保堂茶舗」の煎茶とほうじ茶、紅茶、梅昆布茶。

 

 


Nasuchi

「一保堂茶舗」のお茶も紅茶もとっても美味しかったです!!

 



ベッドの反対側のスペースには、リラックスチェアやお風呂、クローゼットなどがあり、コーヒーはこちら側にありました。




ネスプレッソのコーヒーマシーンで、デカフェを含む3種類用意されていました。




電気ケトルや、コーヒーカップ、お砂糖(白糖・ブラックシュガー)などもありました。



眺望は、正面玄関ビューでした。

 




結婚式の衣装で撮影しているカップルが見えたり、お客さんがたくさん出入りしているのが見えたりして、残念ながらカーテンを開けっぱなしにはしにくいお部屋でした。

1泊だと、ラウンジやスパなどお部屋にいる時間が少ないので眺望はあまり気にしなくていいかもしれません。

 

続いて、水回りを見てみましょう!

 

白いスライドドアの中にあります。



海外のホテルのような、洗い場のないお風呂と洗面、トイレが同じ空間にあります。

 



シャワーカーテンではなく、ガラスで仕切られているのが豪華です。

 




バスアメニティ(シャンプー、コンディショナー、ボディソープ)はイタリアの高級ブランド『サルバトーレフェラガモ』です。



ボディーローションもフェラガモで、香りは落ち着いた大人な感じで強くないので性別関係なく使えそうな感じがしました。

 

入浴剤は、ニューオータニオリジナルブランドの「オリーブアロマバスオイル」が2種類ありました。



この入浴剤にはオリーブオイルが入っているのでお湯が乳白色になり、肌がすべすべになりました。
ほのかな香りが気持ちも体もリラックスさせてくれて、正直なところフェラガモより気に入りました。



Bluetoothスピーカーを洗面台に置いて(ガラス戸の外なので濡れない場所です)、ユーチューブからヒーリングミュージックを流したら即席SPAの出来上がりです。

 


Nasuchi

足を伸ばしてゆったり浸かれるバスタブ最高でした!!

 

お風呂の後は、バスローブでちょっとリッチな気分になれます♪



そのほかのアメニティも充実しております。

 

墨をイメージした黒い石鹸、マウスウォッシュ、歯ブラシ、ヘアブラシ、シャワーキャップ、ヘアゴム、ヘアバンド、コットン、カミソリ、基礎化粧品。

 

基礎化粧品はフランス発ブランドのオムニサンス。

ベタつかず、しっとり潤ってくれる使用感や香りも強くなくてお気に入りです。

最近ちょっとお高めなホテルでの導入が増えている気がします。

 

ボディータオルとヘチマもありました。

 

 

豪華!!

 

今回宿泊したエグゼクティブスタンダードは、エグゼクティブハウス禅の中では一番リーズナブルな部屋でしたがまるでスイートのような上質な空間でした。

 

以上、スタンダードを超えたアメニティが豪華なエグゼクティブスタンダードでした。

3. ゴールデンスパ


ホテルにある会員制スポーツクラブ「ゴールデンスパ・ニューオータニ」は、エグゼクティブハウス禅に宿泊している人は無料で利用が可能です。

 

■ 利用方法

時間指定の予約をする必要はありません。

行きたいタイミングでエグゼクティブハウス禅のラウンジのスタッフさんに声をかけると空き状況を確認してくれます。大丈夫な場合、利用券がもらえます。

 

それからガーデンタワー3階にあるゴールデンスパのフロントに行って、利用券を渡します。

その際、何を利用するか(ジム・プール・お風呂など)を伝えると、ロッカールームの担当者さんが利用方法を丁寧に教えてくださいました。

 

エグゼクティブハウス禅のフロント、スパのフロント、ロッカールームの担当者さんの連携がスムーズ過ぎてびっくり!!

 


Nasuchi

とても丁寧に説明してくださるので、わからないことも聞きやすく、初めての利用でも安心感がありました。

 

■ 持ち物

トレーニングジムウェア、シューズ、ソックス、水着、水泳帽、タオル類、ガウン、基礎化粧品などは無料です。

レンタル水着はS,M,L…というサイズで用意されていて、水着のインナーとして使えるようにオイルマッサージなどでよくある使い捨ての紙パンツも用意してくれていました。

 

プールで利用するゴーグルはレンタルがなく販売のみという事だったので持参しました。

 

飲料水は、お風呂近くの脱衣所にありました。

 

■ プール・ジャグジー

プールの大きさは15m×5mで、水深は1mです。

The Okura Tokyoやアンダーズ東京のプールと比べて小さくてびっくりしました。

 

水深1mは、腰高くらいまでしかなくてウォーキングするには物足りない感じです。

 

プールは4人までしか入れない制限があるので、悠々使えるのはよかったです。

私が行ったタイミングは空いていたのですぐに使えましたが、利用者が4人いる場合はプールサイドやジャグジーで順番を待つようです。

 

ジャグジーはお風呂のような温かさでした。

 


Nasuchi

清潔感はあるものの、年季の入ったプールとジャグジーはラグジュアリーホテルっぽさを感じにくいので期待しない方がいいでしょう。

 

■ サウナ・大浴場

サウナ・大浴場は女性専用フロアにありますので、水着不要です。

プールと同じく見た目は年季が入っていますが清潔感はバッチリ。

プールやジムでかいた汗を流せるようにシャワーブースは多めです。

 

サウナは、ドライサウナとミストサウナ2種類ありました。

 

ドライサウナはリニューアルしたばかりのようで、新しくキレイです。

一人分のスペースがゆったりしていて、前後左右1マスずつ開けて8人入れるようになっていますが、あまり利用者がいないので悠々使えました。

 

サウナには「バスタオルを巻いて入ってください」というルールがあるので、お風呂の壁にはタオルを掛けられるフックもたくさんありました。

 


Nasuchi

サウナ後は、頭上からかぶれる水シャワー、水風呂があり、とても気持ちがよく整いました。

 

撮影はNGですので、雰囲気は公式サイトをご覧ください。▼

 

 

ゴールデンスパ
場所:ガーデンタワー3階
時間(平日):サウナ 7:00~22:00、プール・ジム 7:00~21:30、※最終受付21:00
時間(土日祝):サウナ 10:00~21:00、プール・ジム 10:00~20:30、※最終受付20:00
金額:エグゼクティブハウス禅宿泊者は無料

 

 

以上、エグゼクティブハウス禅のリーズナブルなお部屋とゴールデンスパ(プール・サウナ)の紹介でした。

 

次回はクラブラウンジの食べ物や朝食、バーなどを紹介したいと思います。

 

引き続きお楽しみください。

 

▶次の記事はコチラ

 


Nasuchi

エグゼクティブハウス禅はホテルニューオータニ東京のホテルインホテルで、スイートのように贅なアメニティや、スパの利用権があるのが嬉しいラグジュアリーホテル。ご褒美やお祝いにおすすめです。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました(*^^*)

 

▼こちらの記事もおすすめ♪

 

 

▼予約はこちらのサイトがおすすめです!

 

 

 

TOP